XC90.jp > 空撮・RCヘリコプター > 対墜落仕様

 

対墜落仕様 '04

ヘリは良く落ちますね。
特に3Dをやられている方は・・・落としまくっているハズです。

私の場合は・・・
1日の最多墜落回数 : 9回
1日の最多スピンドル交換数 : 5本
1日の最多テールパイプ交換数 : 3本
1日の最多フレーム交換数 : 2回(スカディーEVOにて)

強者ですね。

常に、スピンドルは10本以上のストックがあります。
ローターを購入する際は、5〜10セットを同時に購入します。

お陰で、清水模型では顔を覚えられました。

 

アミーゴの別の切り口

「アミーゴは3Dに最適」
こんな当然なことは、このページでは書きません。

アミーゴは壊れない

ここでは、この一点に絞ります。
このページの上部の写真。
落ちた直後の画像です。
フリップ中に高度が足りずに落ちました。

←損害を見てみましょう。
ローター : 無事です。
スピンドル : 無事です。
脚 : 安全装置が働きました。
損害金額は数円(タイラップ4本)です。

1日9回の墜落の時も・・・ローターは折っていません。
1日5本のスピンドル交換も・・・ローターは2セット使っていません。
 

対墜落仕様 スキッド・タンク

◆スキッドのタイラップ止め
アミーゴの定番です。
研究の結果・・・150mmのタイラップがベストバランスです。これよりも細いとオートロで荒く降りるとタイラップが切れます。
太いと、肝心の時に離れません。
タイラップ止め化には、フレームの取付穴の拡張(4mm)。スキッドの取付穴の拡張が必要です。

◆タンク下にメンバー
脚タイラップと、タンク下のメンバーはセットです。
これを付けないと、タンクを痛めることになります。
私はこの改良の初日に、メンバーを付けなかったためにタンクを2つやっつけました。
このメンバーを追加してからは、一度も痛めていません。かなり有効です。

◆サブタンク二重止め
K&Sのサブタンクは、落とすと取付の根元が逝きますね。
ご覧のように、もう一つ追加すると飛躍的に強度は高まります。
十分な検証(墜落)はしていませんが、これを追加してからは壊していません。

 

ボディホルダー・ボディキャッチ

◆ボディホルダー
純正だと墜落時にキャビンに連れて行かれます。
これで、フレームが逝ってしまいます。
ネット上では、「ボディホルダー改」として販売されている物もありますが・・・この場合は、ボールリンクが紛失するため、費用が馬鹿になりません。

私は・・・
ビス+燃料チューブ
これなら、自家製ボディホルダーはキャビンについていくので紛失しません。
紛失しても安価です。

◆ボディキャッチ
これは、Mプロのものをお奨めします。
アミーゴで、延べ50回は落としていますが・・・無事です。
 

ヘッド

これを見た方は・・・「お金がかかっている・・・」と言います。
確かに、それなりにかかっているのですが、ランニングコスト(対墜落対策)を重視しての選択です。
もちろん、飛びも良くなります。

◆ローターハブの金属化
純正ヘッドで墜落すると・・・
メインロータハブの破損。同時にスタビ回りの紛失。これが定番です。
真面目に飛ばしている方なら一度は経験します。
ヨークを金属にすると、この可能性が無くなります。
クイックの物なら安いですから、一度の紛失で元が取れます。
他のところで逃がす設計をすると、金属ローターハブは一生物です。
私は、一度も壊していません。
クイックもMプロも使っています。もちろんMプロの方が質が高いのですが、クイックでも問題はありません。

◆純正グリップ
ここがポイントです。
金属のグリップは・・・
1): 落とせば、痛める可能性が高い。
2): 値段も高い。
3): 他に部品が、余計に壊れる。
4): ヤングブラットも樹脂を使っている。

これが、純正グリップを使う理由です。
ただし・・・これは消耗品です。スラストベアリングよりも、グリップの方が消耗します。
私の定期交換部品のNO1はグリップです。

◆このセットなら・・・
墜落時に、以下の部品が交換となります。
ダブルリンク 40%
グリップ 10%
スタビライザーロッド 15%
スピンドル 60%
スタビバー 10%
その他 3%以下 スタビライザーアーム ミキシングレバー ローターハブ ウォッシュアウト

以上は、このページの上の画像のような草地に落とした場合です。
コンクリートなどに落とした場合はこの限りではありません。
スピンドルが曲がることによって、他のパーツを助ける設計です。見事です。

 

復活!

今回の墜落は、スキッドを止めている4本のタイラップとスピンドルの交換で復活です。

◆安く、3Dを練習するなら・・・
対墜落仕様にすることは絶対条件です。
さらに、画像の様に、草の上でグリグリする事が機体を痛めない最も重要な事柄です。

画像は、普段の私の飛ばし方です。
自分は飛行場。機体は直ぐ目の前の草地。
この撮影時は12月なのでダメですが、夏期なら・・・スピンドルすら曲がりません。
落ちても、そのまま飛んでしまいます。機体発見ブザーは必須です。




HomeXC90についてメンテナンスその他site index